うつ病だったらこれ飲んでおけ!そんなにいいの?エビリファイ

エビリファイの基礎知識や詳細

大塚製薬によって開発され、2006年から発売されている比較的新しい抗精神薬、メジャートランキライザー(強力精神安定剤)であるエビリファイですが、これは商品名であり、一般名をアリピプラゾールと言います。

抗ドーパミン作用と抗セロトニン作用を併せ持った非定型抗精神病薬に分類されていますが、同様に非定型抗精神病薬として有名なリスパダールなどとは薬理が若干異っています。
効能は統合失調症として認可されていましたが、気分が高まり落ち着きがない状態や、 無気力を改善する効果もあるために、統合失調症の他、うつ病など様々な精神症状に応用されてきました。
そして近年になり、エビリファイは双極性障害における躁状態の改善および、およびうつ病・うつ状態の効能を取得したのです。

混乱や興奮などを引き起こす原因になる、脳内の神経伝達物質ドーパミンの取り込みが過剰になるのを抑え、逆にうつ病や無気力状態などドーパミンが不足している状態のときは、ドーパミンの量を補ってくれる作用がエビリファイにはあるために、統合失調症の陽性症状にも陰性症状にも、改善の効果が期待できます。
また、それまでの抗精神病薬と比較して、過鎮静の起こりにくさと、めまいやこわばり、ふるえなどの副作用が改善されているのが特徴のひとつです。
有効成分であるアリピプラゾールの成分量3mg、6mg、12mgの錠剤の他にも、水がなくても服用可能なOD錠や内用液、持効性注射剤など様々な剤形が存在するのも大きな特徴のひとつでしょう。

改善はされてはいますが、やはり医薬品である以上副作用存在します。
頻度こそ少なく、症状も軽いものの、めまいやこわばり、ふるえ、頭痛、不眠、いらつき、食欲不振などが挙げられています。
また、血糖値が上昇する場合もあるので、これらの副作用が重篤な場合は服用を中断して医師の診断を受けるのがよいでしょう。

エビリファイは12mgで1錠およそ350円、3mgでも1錠およそ100円と比較的薬価の高い医薬品ですが、海外通販サイトなどから同様の効果を持ちながらリーズナブルなジェネリック薬を購入することも可能です。


PRサイト
 エビリファイを購入する